静岡県  
  県木:モクセイ
Osmanthus fragrans
県花:ツツジ
Rhododendron aureum
 
杜(森)の話    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  ツバメの巣を守る方法    海岸林造成の歴史   
  栃を切る馬鹿 植える馬鹿   灯台が森  
  海の安全航行のためのナギの木   静岡茶はスギの箱に  
  熊の胃を取るのに木陰で熊を待つ   河津桜  
  呪いを解く方法   杉の巨木in島田市  
  ウルシin静岡   エノキin静岡  
  合板の最初は楽器   ヤナギin静岡  
  ギネスの橋      
  クズじゃないよ葛布      
  スギと登呂遺跡
     
海岸林造成の歴史
静岡県だけではないと思いますが、特に静岡県を代表とする太平洋沿岸は、津波が一つのキーワードになるのではないでしょうか。
日本海側は、シベリアからの北風が毎年吹くので、飛砂に対する攻防の歴史に対し、数十年に一度の地震対策ではと思ってしまいます。

太平洋側では最大の砂丘を持っている県なんです。年表のように天正年間からのうち開墾や住環境保全を主な目的に海岸部にすむ住民はクロマツを植えました。
同時に潮除堤を津波・高潮対策として作りました。

本格的な砂丘への植林は、明治時代に入ってから。その目的は、食糧増産のための農地保全。そして昭和にはいると、昭和7年から19年にかけて国の定めた砂地造林計画に従って、県営工事として海岸林造成。ただし、戦況の悪化で昭和18年に中止。海岸に木があると敵の上陸を助ける(障害物になるから)ということだったのかは分かりませんが、資金不足と言うこともあるかと思います。

浜岡町から大須賀町にかけての海岸は昭和12年に陸軍の射爆場として利用。せっかくの植林もパァに。

戦後、国の支援、県の支援などによって造林が再開され今に至っています。そして、農地だけでなく、居住地や工業団地が進出するようになりました。

ちなみに、植栽樹種は、クロマツ。そしてその肥料木として、クロノキ類、ハギ類、アキグミ、ネムノキが一緒に植えられます。ヘクタールあたり5000本、もしくは1万本という密植で風、乾燥から苗木を守る方法がとられています。でもこれは砂に埋まりやすい危険を引き替えにしての行為です。そして、今は静岡産の間伐材で防風柵をつくって砂地造林を始めています。





和暦 西暦 内容
天正年間 1573-1591 武田・北条の合戦により刈り払われた千本松原のクロマツを増誉長円により植林
天正年間 1573-1591 遠州灘海岸の農民による海岸林の造成が始まる
慶安2年 1649 浜松市五島の開拓始まる
宝永4年 1707 宝永地震により下田、新居に津波の被害が発生
安政元年 1845 安政東海地震によって静岡県の沿岸一体が津波の被害を受ける
安政年間 1845-1860 県内各地で潮除堤が築かれ、クロマツの植栽が始まる
慶応2年 1866 浜岡町において、季節風を利用した人工砂丘の造成が開始される
明治10年代 1878〜 海岸砂防のために、幸浦村ほか、5か村で海岸改良組合が結成された

 
三保の松原   
遠州灘
陸地側
海側
植栽直後を守る防風垣
砂地に黒松

阿波々神社
http://www10.plala.or.jp/awawajinjya/


灯台が森
GPSやレーダーがなかった頃の沿岸航行の安全確認は、山だし(山立て)という方法。
漁場や航行の安全のため、自分の船の位置と2カ所の山ないし樹木や岩を目印にしたんです。

ここ静岡県の遠州灘では、掛川市にある栗ヶ岳(標高532m)を灯台代わりに、標識にしていたんです。

明治31年には航行目標保安林として指定されたんだそうです。

ちなみに、阿波々神社の鎮守の杜です。
神様が見守るので、航行の目標となったのか、その逆かは不明ですけど。


静岡茶はスギの箱に
静岡茶の生みの親は、するが国栃沢(今の静岡市郊外)生まれの聖一国師が、宋から苗を持って戻ったのが始まりとか。しかし、生産量日本一になるのは、明治維新で職を失った武士が、牧ノ原で血の汗を流した涙の結晶の成果なんです。

茶箱は、普通ヒノキを使うんですが、静岡茶はスギで出来た箱。理由は、静岡スギという地元のスギが豊富にあったこと。ヒノキの場合、50年生以上でないと割れ(爆ぜ)が起きるが、スギは30年生以上で問題ないからだったとか。

ちなみに、スギ板を貼り合わせて作る箱は、継ぎ目に和紙を貼りめぐり、内部はトタン張り。これで、防虫・防湿効果。さらに、お茶のカテキンやタンニンが木に染み込んでさらなる防虫・防湿効果を高めたんだそうです。

ちなみに、宇治茶の茶箱は、「山城櫃」と呼ばれています。






河津桜の原木:河津町田中の飯田勝美氏の家

河津桜
早春の風物詩といえば、伊豆河津町の河津桜(Prunus lannesiana Wils. cv. Kawazu-zakura)。下田は、みなみの桜ともいうオオシマザクラとカンヒザクラの種間雑種といわれ、1955年頃に見つけられた栽培品種。

飯田勝美氏が、昭和30年(1955年)頃にの冬の咲いている桜を見つけて植えてみて(左の写真)、昭和41年に開花。そして1ヶ月ほど咲き続けたのです。ここから河津桜が始まったのかもしれません。その2年後には、伊東市の勝又光也氏によって増殖され、河津川沿いがピンク色に染まっていったのです。

一説によれば、河津桜の経済効果は300億円。そのうち、地元河津町の経済効果は5%に満たないんだそうです。



伊豆河津桜まつり情報局
http://www.kawazuzakura.net/

杉の巨木in島田市
島田市にある古刹で、千葉山智満寺の杉の巨木。
宝亀2年(771年)開創の天台宗の古刹。開山は広智。光仁天皇より智満寺の勅額を得て勅願寺となった。源頼朝が源氏再興を祈願して果たし、平家である千葉介常胤に命じて、伽藍を造営させたという。
背後に496mの千葉山があり、山内に10本の大杉が散在していた。今は、9本。


@大杉:樹高 40m:目通り幹囲 9.5m
A達磨杉:樹高 30m:目通り幹囲 7.0m:根が太く、達磨さんに似ているから
B開山杉(かいさんすぎ):伝承1200年以上で、智満寺開山の広智が植栽したらしい
C盛相杉(もっそうすぎ):樹高 40m:目通り幹囲 7.8m:盛相という名の行者が植栽
D一本杉:樹高 45m:目通り幹囲 8.5m:一番ののっぽの木
E経師杉(つねもろすぎ):樹高 36m:目通り幹囲 7.3m:千葉太郎経師が植えた
F常胤杉(つねたねすぎ):樹高 30m:目通り幹囲 7.2m:千葉常胤(1118〜1201)が植栽で推定樹齢800年
G雷杉:樹高 36m:目通り幹囲 8.5m:樹形が、雷神の怒りの形相に似るから
H頼朝杉:樹高 36m:目通り幹囲 9.7m:源頼朝が植栽したらしい。推定樹齢800年
I子持杉:台風で倒壊したため現存せず



智満寺

森の中の巨木

大杉
エノキin静岡
エノキ(Celtis sinensis var. japonica)は、屋敷に植えると早く大木になって囲いになるので良い。
ただし、材木には使えない。春には葉を食べ、飢饉の時には甘皮を剥いで食べる。
屋敷の北西に植えると金持ちになるのは嘘。

ヤナギin静岡
薬効成分があり、細工物にも使われる柳ですが、場所によっていろいろな伝承があります。

◎屋敷内に柳の木を、植えるのは縁起が悪いと忌み嫌っている。(場所不明)