埼玉県  
  県木:ケヤキ
Zelkova serrata
県花:サクラソウ
Primula sieboldii
 
杜(森)の話    
杜(森)の話
森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
           
  平地林でのカヤ刈り    森の南限と北限     
  バヤ刈り・カリッコカキ   朝はお茶    
  ススキと政治難民        
  エゴノキの使い方        
  あかぎれ対策        
  アグロフォレストリーin武蔵野        
  三つ又の木でお休み        
  春日部箪笥とキリ        
  秩父の焼き畑
日本版メープルシロップ
       
森の南限と北限
秩父周辺の森林は、北限と南限に位置しているため、暖帯の植生から亜寒帯の植生まで見ることが出来ます。

標高350mまでは、暖温帯。占有種は、シラカシやアラカシ等の照葉樹です。

標高650mまでは、尾根には、モミや、ツガが、斜面は、ケヤキ、シデ等の混交林です。

標高1600mまでは、ブナ、イヌブナ、水なら、カエデなどの落葉広葉樹です。

1600mを超えると、亜高山帯となり、コメツガ林、シラビソ林になります。


(1987:永野)


東京大学の演習林の西側に位置する国有林(秩父市大滝地区)での植生結果では、

ソハヤキ地区の植生は、チチブホラゴケ、ナンゴクミネカエデ、イトマキイタヤ、ギンバイソウ、テバコモミジガサ、チチブドウダンがあります。
フォッサマグナ地区の植生は、オオヤマコウモリ、ミヤマヒゴタイ、カイタカラコウ、ヤハズヒゴタイ、サクライウズ、シナノキイチゴ、ヒメスミレサイシン、ウラハグサがあります。
日本海地区の植生は、オサバグサ、タヌキラン、チシマネコノメがあります。
北海道地区の植生として、ミヤマスミレ、ウスバスミレ、ホソヅルリンドウ、ヒラギシスゲがあります。

また、本州の山地に住んでいる固有のほ乳類の大部分が生息しています。15科28種とのこと。鳥類は、29科84種、両生類は3科5種、は虫類は、2科3種、魚類はサケ科のイワナの1種だそうです。

甲武信岳の周辺で調査結果であり、荒川、千曲川、笛吹川の源流に当たるとこです。




秩父山地荒川上流の北斜面の植生パターン(高杉1971)

S:低木林
AV:山頂シラビソ林
A-B:亜高山帯シラビソ林
AM:渓畔オオシラビソ林
T:A-BとTDの移行帯
Th-Pn:ネズコ・キタゴヨウ・コメツガ林
TD:コメツガ林
EM:亜高山帯と山地帯の雑移混交林
PcB・AH:イラモミ・ウラジロモミの分布
LL:河谷カラマツ林
CP:サワラ林
PR:サワグルミ林
CO:ヒノキ林
TS:ツガ林
FJ-FC:ブナ林
FS:シオジ林
AF:モミ林
 
朝はお茶
朝にお茶を飲むと、魔除けになります。その理由は、昔々、多峯主山(とおのすやま)の樵が、大蛇から身を守ったことでした。

樵が木を伐るときに、美しい娘がいつもやってきたそうです。実は、その美しい娘は、大蛇の化身。隙を見ては、その樵を食べようとしていたそうです。しかし、いつもより遅く仕事を始めた樵に、美しい娘は、「今日はどうして遅れたの?」と、問うたそうです。
樵曰く、「朝茶を飲んできたので」。しかし、美しい娘には、「朝、じゃを飲んできたので」と聞こえたそうです。樵の返事が終わるやいなや、その場から消えたとのこと。

朝に、一杯のお茶は、心を落ち着かせる効果があるので、事故に遭わないための昔の知恵かもしれません。

樵がお茶を飲むというのは、贅沢では無かったと言うことなんでしょうかね。