新潟県  
  県木:ユキツバキ
Camellia japonica
県花:チューリップ
Tulipa gesneriana
 
杜(森)の話    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  今年の雪のつもり具合は   森が水を蓄える   
  山の斜面の階段状のモノは      
  心優しいマタギ?      
  焼き畑の呼び名      
  稲架木      
  アンニンゴとアンニンゴ酒      
  ウルシin新潟      
  疲れを取るには      
  500kg 2.3mの木で出来た巨根      
  しねり弁天には負けるけど      
         
森が水を蓄える
南魚沼市では、江戸時代に干魃で苦しんだ人々がとった行動が、水源涵養林の設置でした。天保7年(1836年)に一帯が大干ばつに襲われた結果、八海神社の参道を初め、杉の植林を始めます。
一の鳥居から二の鳥居までの参道約440メートルの両側に総本数256本の杉並木が、その名残です。

地元住民が、藩主にお願いして出来た水源涵養林とのことです。