東京都    
  都木:イチョウ
Ginkgo biloba
都花:ソメイヨシノ
Prunus × yedoensis
 
杜(森)の話    
杜(森)の話
森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  松の木が支えた江戸の水   荒川堤の桜   市町村花見
  人工の森・天然の森   五色桜の由来    
  金がないので松の壁   海を渡った里桜、また海を渡る      
  コカの栽培        
  青梅林業の歴史        
  杉を奉納して森作り        
  新木場の歴史        
  リサイクル灰買い        
  都内の巨木10選        
  都内で富士登山        

荒川堤の桜
 江北村事今の足立区江北では、荒川(今の隅田川)の堤防の改修工事を明治18年(1885年)に行うことになるのですが、この改修工事の際、村人が桜を植えたいという要望を出したのです。
 理由は、夏の日陰がほしい事。強い堤防になってほしい事。洪水時に船を繋げる杭になるモノがほしい事。この様なニーズに応えたのが、里桜だったのです。
 里桜を選んだ理由は、根株が広がり、堤防の固定強化に役立つこと、木が余り大きくならないので、風で倒れてるリスクが少なく、風倒があっても、堤防を破壊しにくいことで採用されました。
 要望を出した翌年には、植林されました。

 
五色桜の由来
 荒川堤の桜並木は、五色桜と呼ばれます。濃紅色、紅色、淡紅色、黄色、白と様々な色が霞のように見えたのを、新聞記者が呼んだからだとか。
 せっかく桜を植えるのだから、紫桜、白妙、鬱金、関山、墨染等を植えたんです。咲く時期も違い、色も違う事を楽しんだのです。記録に寄れば、78品種3,000本の里桜を植えたそうです。



海を渡った里桜、また海を渡る
 荒川堤の里桜は、明治45年(1,912年)に、ポトマック河畔に日米親善のため、海を渡ります。
 ワシントンDCでの桜祭りは有名で、毎年花を咲かせています。その一方で、送り出した荒川堤では、自動車の排ガス、工場からの有害物質などで、無残な姿になってしまうのです。
 その惨状を回復するにも、多種多様な里桜を集めるのは容易ではなく、昭和27年(1952年)に東京都と足立区がお願いして、アメリカに根付いた桜の苗木を贈ってもらうのです。
 そして、再植林。

品種名 明治時代 荒川→米国 米国→荒川
天の川 存在 里帰り
アメリカ
Akebono
移住
嵐山  存在 − 
一葉 存在 渡米
糸括 存在
鬱金 存在 里帰り
薄墨 存在
江戸 存在 里帰り
江戸彼岸 存在
大島桜 存在
大山桜 −  − 
寒桜 存在
関山 存在  渡米 里帰り
寒緋桜 存在
御衣黄 存在  渡米 里帰り
江北匂 存在 
苔清水 存在 
御座の間匂 存在 
枝垂れ桜
十月桜 存在 里帰り
朱雀 存在
松月 存在 里帰り
白妙 存在 里帰り
駿河台匂 存在 渡米
千里香 存在 里帰り
染井吉野 存在  渡米 里帰り
泰山府君 存在
太白 存在 英国から
手弱女 存在 里帰り
高砂 存在
手毬 存在
日暮 存在 里帰り
鵯桜
福禄寿 存在 渡米
普賢象 存在 渡米 里帰り
冬桜
紅豊
弁殿 存在
北斎 里帰り
細川匂 存在
マノガ 里帰り
御車返し 存在 渡米
八重紅大島
八重紅枝垂
八重紫桜 存在
山桜
楊貴妃 存在
早生都 里帰り
ワビヒト −  −  里帰り 
都市農業公園「荒川堤の五色桜について」より