沖縄県    
  県木:リュウキュウマツ
Pinus luchuensis
県花:デイゴ
Erythrina variegata
 
杜(森)の話    
杜(森)の話
森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  戦後の沖縄を緑にした木    ほうきはほうきでも  
  豊かになると見捨てられるソテツ   ソバかラーメンか  
  線香の材料 ホソバタブ   聖なる色はフクギから  
  ガジュマルとキジムナー      
  竹富島とギンネム      
  サバニ      
  三味線      
  ウルシin沖縄      
  薩摩隼人は大っきらい      
  山の聖域 お嶽      


ほうきはほうきでも
掃除に必要な箒
沖縄本島ではホーチと呼ぶそうで、使うところによって材料が違うんです。

土間箒は、ソテツホーチといって、ソテツの葉を重ねて束ねたものを庭箒は、家の前箒という意味で、ヤンメーボーキといって琉球タケで作られるとか
畳や床は、ススキの穂か、稲藁の芯を用いるとか


 
ソバかラーメンか
”ソバ”なのに蕎麦粉のない”ソバ”。それが”沖縄そば”なんです。原料は小麦粉100%。
かつては、支那そば(中華ラーメン)と呼ばれていて、戦後になってから沖縄そばと呼ばれるようになったそうです。どちらかといえば、ラーメンに近いものを 感じますが。沖縄風中華麺といったほうが、沖縄宮廷料理の一つでもあったそうですから、なじみやすいような気もしますが。650年もの歴史があるそうで す。当時は、豚の赤身とネギが基本だったらしい。

この麺は、かん水(中国北方にある鹹湖(かんこ)の水で作った麺は弾力性があり、 滑らかだったためこう呼ばれた。)を使用してこね上げます。かん水といっても、支那から輸入するのではなく、地元の木の灰の上澄み液を用いるのです。もちろん、地元の木であるガジュマル(Ficus retusa)です。正当な沖縄そば屋では、”木灰そば”と銘打って出しているようです。

ちなみに、ソーキそばは戦後に誕生したソバなんだとか。
聖なる色はフクギから
沖縄の防風林として利用されているフクギ(Garcinia subelliptica)は、20メートル近く育つため、沖縄県や奄美諸島で重宝されている樹種です。

一方、明王朝と関係があったため、皇帝の色である黄色が重宝されていた琉球王朝では、染料として黄色が不可欠。その染料が大木のフクギの樹皮だったんです。
フクギの樹皮を乾燥させて煎じると黄色が得られます。しかし、この黄色を使えたのは、尚王家一族だけ。これ以外は、黄色の服は着てはいけなかったそうです。