岩手県    
  県木:ナンブアカマツ
Pinus densiflora
県花:キリ
Paulownia tomentosa
 
杜(森)の話    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  果報団子と萩の木片  最初の仕事は植林     
  焼き畑とハシバミの木      
  山とは命の貯蔵庫、慣行特売という救済      
  焼畑と桐      
  17年で一回り      
  ウルシin岩手      
  炭in岩手      
  魚付き林in岩手      
  まめぶ
伐採は節分
   
最初の仕事は植林
岩手山麓に広がる有名な小岩井農場。元々国有地であった場所を、食糧造成のために、払い下げられたのです。そのときの創立者の一字をとって小岩井農場であるのは有名な話。

小岩井農場は、明治24年(1891年)に開設されます。そのときの最初の事業は、荒れ地に防風林を作ることだったのです。水はけの悪い湿地帯で植生の乏しい荒れ地だったのです。岩手山は火山で、火山灰が堆積、酸性土壌と良いところなしだったのです。防風林を作ることで、土を守り、植物を守ることにつながります。

明治32年(1899年)に樹林部を創設し、1000haの植林と、800haの天然赤松林と広葉樹林の保護を本格的に行います。そして、大正13年(1924年)に第1回施業案という森林計画を立て、森林経営が本格化します。しかし、黒字化するまでに40年の年月がかかったとのこと。この中で、スギなどの導入が図られます。戦争中は、木材の拠出もあり、ゴタゴタしたそうです。
戦後は、木材生産が農場の経営を支えていた(日本の財政と同様)そうですが、木材の輸入自由化、プラザ合意後、他の林業と同様低迷していますが、総面積の2/3を占め、2000haもの森林が残っています。

なお、防風林は、スギ、アカマツ、カラマツで構成されているとのこと。