兵庫県    
  県木:クスノキ
Cinnamomum camphora
県花:ノジギク
Chrysanthemum japonense 
杜(森)の話    
杜(森)の話
森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  慶野松原    松の葉で製塩   
  地震に強い屋敷林      
  六甲山に木を植えた歴史      
  柳行李と杉森神社      
  泥棒の前に松の木で      
  お殿様の松茸狩り      
  松はダメ      
  日本一古いオリーブの木      
  300年のアロエ
一晩で丸裸、その後アカマツ林に
 
     
松の葉で製塩
赤穂の塩で有名な赤穂では、江戸時代末期には、松の葉を燃料として利用していました。もちろん、通常の薪の他、文政初年(1820年代)には、石炭も燃料として、製塩業を行っていました。

明治時代に入り、薪製塩というのを行っていました。でも、薪は薪でも、松葉の利用だったのです。松葉は、周辺地域から集めていました。

長さ3尺(91センチ)で、一把5寸(15センチ)を一把にした松葉を使っていたのです。枝付き松の葉を、半年ほど外に出して枯らせます。7.5キロほどだったのが、4.5キロほどにまで軽くなる、水分が飛んだのを使います。これを燃料として使っていたそうです。

間伐材のようなものですから、森林破壊とは無縁の燃料だったそうです。今は、岡山県の鹿久居島の藩有林や、福浦から仕入れていたそうです。

なお、松葉で炊いた塩は、きめ細やかで、色が白い。火力が弱いことが武器となって、京都や大阪で「上塩」として人気だったそうです。一方、薪で焚くと大量生産は出来るが、不純物も混ざると言うことで、下塩と呼んでいたそうです。